葬儀に参列できないときに利用したい弔電

大切な人やお世話になった人の訃報が届いたときは、できるだけ葬儀に参列したいと考えています。でも、仕事などさまざまな事情でどうしても行けないことがあるときがあります。そんなときは弔電を利用して、お悔やみの気持ちを届けるようにしています。葬儀や告別式に行けないとき、遺族にお悔やみを伝える手段のひとつとして、弔電は欠かせないもののひとつで、利用している人も多いかもしれません。最近は、インターネットを利用して電報を送ることができるようになり、以前に比べて利用しやすくなりました。文言もいろいろ用意されているので、自分が伝えたい気持ちの言葉を選べるのも利用しやすいです。また、弔電を送るときはマナーもいろいろあります。分からないことがある場合は、電報を送る際に知っておきたいマナーを掲載しているオンラインサイトがあるので、事前に確認してから送ると遺族に失礼がなく、より安心して送ることができます。

弔電は高級感のあるもの

電報には祝電もありますが葬儀に出れないときの弔電というのもあり、今は電報のサイトを見ればどんなものがあってどんなものが人気があるかもわかるようになっています。葬儀というのは祝電とは違い故人への悲しみという気持ちを表すものになるので、気持ちを表すためにも高級感のある弔電というのが人気になっています。高級感のある電報には漆塗りのタイプがおすすめになり、漆塗りの箱の中にメッセージを入れることができますしその箱はあとから使うことができます。また葬儀に送るための弔電というのはお線香がセットになっているものが人気で、葬儀にいけないときにはお線香をあげることができないということからもお線香のセットは気持ちになります。電報というのも3000円くらいが相場になりますが、5000円以上の高級感のあるものがおすすめです。

葬儀に行けなかったので弔電を送りました

先日お世話になった先生の訃報を聞いたのですが、遠方に住んでいるため、お通夜やお葬式に行く事ができなかったので、弔電を送らせてもらいました。恥ずかしながら、弔電を送った経験も今までなかったのですが、インターネットからとっても簡単に申し込む事ができたのでとっても便利でしたし、急なことでしたが、きちんと期日に指定した場所に配達してもらうことができたようなので、一安心でした。後日、ご遺族の方からご丁寧にお礼のお手紙をいただき、こちらの方が恐縮してしまいました。自分も社会人になり、もう年齢も若くはありませんから、これからもこういう訃報が届くことはあると思うのですが、どうしてもお通夜やお葬式に足を運ぶ事ができない場合には、弔電を利用したいですね。少しでもこちらの気持ちが先方に伝わればいいなと思っています。