お悔やみの気持ちを弔電に込めて。

お世話になった方や知人・友人などが亡くなった時、どうしても葬儀に出席できないことってありますよね。住んでいる場所が遠かったり、どうしても仕事の都合がつかないなど、理由は様々だとおもいます。そんなときに利用したいのが電報です。電報の中でもお悔やみの気持ちを伝えるためのものを「弔電」といいます。葬儀には参列できないけれど、親族の方にお悔やみの気持ちを伝えたいときに利用するといいですね。せっかく弔電を送るのでしたら、形だけではなく、自分なりに亡くなった方への感謝の言葉や想い出などを伝えられるといいですよね。のこされたご遺族の方への気遣いの言葉も添えてあると良いですね。お線香付きやブリザーブドフラワーが付いた弔電もありますので、より自分の気持ちが伝わるものを選ぶといいですね。最期ですから精一杯の感謝の気持ちを伝えるために心をこめて贈りたいですよね。

弔電を送る際は言葉選びに気を付けましょう

不幸が起きてしまった時にその家族や身内に送る弔電は、やはり送る立場の者にとっても気が重くて何ともやりきれません。送る相手のことを考えると悲しみが溢れてしまします。そのような沈んだ雰囲気の中で送る弔電の内容には、特に注意が必要です。残された家族のことを考えて、ふさわしくない言葉を間違っても使わないように気を付けなければいけません。不幸が重なることを想像させる言葉や大げさすぎる表現も避けるようにしましょう。送るタイミングとしては、なるべく早めに送るのがよいでしょう。告別式の前日には必ず届けておきたいところです。そして届け先にも注意が必要です。自宅で葬儀が行われる場合は、勿論自宅宛で良いのですが、最近は葬儀場を利用する人が圧倒的に増えていますので、その場合は告別式の前日までに葬儀場宛に届くようスピーディーに手配しましょう。

弔電を打つ方法を調べてみよう

弔電は若い人の場合、なかなか打つ機会はありません。しかし、社会人になり、それなりの地位につくと打つ機会が多くなってきます。プライベートでも打つ機会が増えてくるため、いざという時のためにも打ち方を調べておくことをお勧めします。用意するものは送り先の氏名や住所、送る文章だけです。そして、専用ダイヤルに電話をかけます。文章は用意していなくても、専用ダイヤルに電話をすることで、定型文を提案してくれることがあります。一般的には、定型文を利用することが多くなっているので、その点は心配要りません。後は、オペレーターの指示に従って進んでいきます。弔電はお悔やみの言葉ということもあり、短文にすることがポイントです。また、台紙を選ぶことになります。台紙のデザインを事前に知ることができない場合には、予算から考えてみるといいかもしれません。もしくは、どんな関係性の人でも失礼にならないようなデザインを提案してもらうことをお勧めします。