弔電の必要性とはどういうことか

お悔やみの気持ちを伝えたいけど、葬儀が遠方で行われる場合には、中々足を運んでお悔やみを伝えることが困難になります。そこで電報を送ってお悔やみの気持ちを伝える方法を取る人も多いです。最近では一般的な葬儀ではなく、近親者のみで執り行う家族葬を選択する人も多いです。家族葬であれば、一般の参列者は参列を辞退をすることが一般的です。ですから弔電で哀悼の意を伝えるという方法を取ります。こうすることによって失礼にもなりません。企業でも送ることが多く、香典を辞退する遺族に対しても弔電を送るという気持ちぐらいであれば、受け取ってくれることが多いです。逝去を知っているのに何もしないというのは、失礼にあたるので、電報で対応をしてみるとよいです。今はオンラインでも依頼をすることが出来るようになっているので、かなり便利です。

今生で最後に心が伝わる弔電

冠婚葬祭の中で葬式は他のものと違います。結婚式や祭りは欠席しても後で会えますが、葬式を欠席するとその後は会えません(今生で会えない)。ですから何としても出席しようとします。結婚式と葬式が重なれば葬式を優先します。でも多忙のときはどうしても別の用事で欠席せざるを得ないことがあります。そういうときはお悔やみの心、気持ちを表面化する弔電を出し、後で訪問することが少なくないでしょう。電報は古いと感じるかもしれませんが、現代でも通用しています。Eメールよりも心が伝わります。手紙ではすぐに届きませんが、弔電はすぐに目的地に届きます。弔電ではメッセージが重要です。マナーに反しないように事前に注意してある定型のものがありますから、それを使うのが普通です。それから仏教だけでなくキリスト教などのさまざまな宗教にも対応できます。それに後で何度も読み返せるところもいいです。

弔電の電報の難しさについて

電報といえば、昔は日常お生活や緊急連絡など様々な場面で用いられていましたが、家庭用電話や携帯・メールの普及によって、最近では冠婚葬祭の場で用いられるのがほとんどになっています。そこで電報を送る際に気を付けなければいけないのは、言葉の選び方です。結婚式などの祝電の場合は、お祝いの気持ちを素直に言葉にかえればいいだけですし、電報を送られる側も気持ちに余裕があるので言葉に敏感ではないはずです。反対にお葬式やお通夜などのお悔やみの場で用いられる電報を弔電といいます。こちらは大変難しいです。訃報は急な事がほとんどです。遠方だったり、どうしても都合がつかなかったりで葬式の場に行けない方も少なくないはずです。訃報は送る側にとっても悲しい物です。故人のご冥福を祈りながら、故人と残された家族のためにお悔やみの言葉をかけてあげるべきです。